東京耳袋 Tokyomimibukuro

riversider.exblog.jp
ブログトップ

ブログ引っ越し先のおしらせ

ただいま人気の高い記事を中心に
ブログを引っ越ししております。

引越し先
http://plaza.rakuten.co.jp/hitoriofficel/

このブログは2017年1月末に削除しますが
引き続きよろしくお願い致します。

(C) KaoruF, All rights reserved.



[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2017-01-16 15:16 | Comments(0)

ブログ休止のおしらせ

2017年あけましておめでとうございます

このブログの過去記事のいくつかが
知名度の高い雑誌、
S◯Aや日経Wのサイトに
盗用されているのを
たまたま発見しました。

ほぼそのまま盗用されているものもあれば
微妙にアレンジされているものもあり。
(2012年など、かなり前で
このブログから削除済みの記事も含む)

積極的に探せば
もっと見つかるのではないかと思います。

ネットに公開する以上、
コピペ被害に遭うのはしかたないことです。

が、全く知らない人が
プロのライターでエディターでもある
私のブログ記事をコピーし、
まるで自分が書いた記事であるかのように
名前を出し、原稿料を取っていると思うと。

同じ業界でゼロから頑張ってきた立場として
ひじょうに不快であり
怒りさえも覚えます。

このブログは当初、
東京下町の酒場などで見聞きした
下町ならではの話を綴るブログでしたが
私自身が人生の折り返しを迎え
果たしてこの先にどんな新しい体験があるのか、
どんな戸惑いがあるのかということを
楽しみのひとつとして記録していこうと
”年代ブログ”に切り替えたものです。

おかげ様でお酒ブログよりも
遥かに高いPVを記録しています。

が、このままこうして
”自称”ライターさんたちに
商売のネタを提供し続けることは
プロになるための成長の妨げになると考え
不本意ながら
休止することにいたしました。
数カ月後、完全に削除いたします。

近いうちに、告知メインの
ブログを開設予定です。
長いことありがとうございましたm(__)m


(C) KaoruF, All rights reserved.

[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2017-01-06 16:34 | Comments(4)

40代から:履きたくないパンツ

★ここで述べる
履きたくないパンツは
特定の商品を指すものではありません。

履き心地がラクな
ストレッチパンツのなかで
おばちゃん度が高いものを指しています。

たとえば以下のようなもの。

・ウエストゴムのデザインが昭和

昭和のミセスパンツは
ウエストゴムの部分が
どう見ても実用性のみであり
デザイン性がゼロです。

いまの50代くらいから下では
同じウエストゴムでも
すっきり美しいデザインのもの↓を
探している方が多いです。
f0050275_13110067.png

・裾シャーリング
f0050275_12151697.png
ミセスパンツによくあるので
売れ筋なのかもしれませんが、
これを嫌う方も多いです。

脚が細く長い場合は、大人でも
いけるかもしれませんが
一歩間違えればシワシワのパンツを
平気で履いているように見えたり
丈が合っていない
(生地が余っている)ように見えたりします。

・裾のデザインが個性的

これは逆に、おばちゃんが好む傾向にあります。
たとえば裾にレース、刺繍、ボタン、
りぼん、スパンコールなどなど
ちょっと変わったもの=おしゃれ
と捉えている人は多いです。
f0050275_12361565.png
サイドのデザインが変わったものもあります。
たとえば色のラインが入っていたり
ポケットが付いていたり…。

個人的には「無理」なのですが
好みは人それぞれであり、
少し個性的なもののほうが
似合う方は確かにいますね。

・クロップド丈でスリットが入っている
f0050275_12310893.png
「足さばきがいい(歩きやすい)」
という理由で
ご高齢の方に好まれるのですが
最近のパンツはストレッチ性に
優れているので
スリットがなくても動けます。

クロップド丈でスリットが入っていると
単に生地が切れているだけに見えたり
ものによっては型崩れして
裾がハの字に広がり
マンガのようになります。

・フロントまたはバックの
 センターに縫い目のラインが入っている
f0050275_12264205.png
足を直線的に見せる効果があると
ミセスに人気のある仕様。

しかし私くらいの年代になると
この縫い目に抵抗のある人が
多いのではないかと思います。

私は、アイロン掛けが面倒であっても
センタープレスを選んでおります。
線があるかのように縫ってあるものと
アイロンでピシッとプレスするのでは
印象がまったく違うと思うのですが…

いつかアイロン掛けが面倒になって
選ぶ日がくるのかも???(- -;)


(C) KaoruF, All rights reserved.

[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-22 12:53 | 大人のファッション | Comments(0)

40代から:リュックはおしゃれか実用か

ここにきて女子のあいだで
急激に人気が高まっているリュック。
f0050275_17583153.png
今年の人気アイテム。
持っている人が多すぎて
来年はもう持てなそう↑


素材もデザインも選択肢が広がって
なかには40代以上が持っても
よさそうなものもあります。
f0050275_17302167.png
http://store.world.co.jp/item/W01442001095979.html?try

■女性はなぜ年をとると
 リュックを背負うのか

そもそもリュックは、何年も前から
おばちゃんの世界で
定番化しているアイテムです。

・革のバッグが重くて持てない。

・買い物で荷物が増えても
 リュックならすっぽり収まる。

・両手が空くから便利
 (自転車にも乗りやすい)。

確かにそうなのです。

「ふだんからよくものをなくす」という方が
「リュックにしたら便利よ〜」とのこと。

ポケットがたくさんあって
「しまいやすい」そう
(ただし、どのポケットにしまったか
わからなくなることもあるとのこと)。

f0050275_18135797.png
ポケットの多いリュックは
おばちゃんの強い味方。
http://www.shopch.jp/ProdDetailShow.do?reqprno=511499


■荷物を背負う姿リスク

実用目的の場合は
肩に掛ける使い方ではなく、
がっちり背負うかたちになると思われるので
見た感じの印象が
山歩きおばちゃんや
避難訓練ぽくなるのは
避けられないかと思います。
f0050275_17564503.png
http://daianshin.com/SHOP/0107.html


かくいう私は
ふだん持ち歩くものの都合で
仕事上は、A4トートしか使えません。

いっぽう、山歩きの時はガチで
登山用のリュックを使用。
各種アウトドア用品を
収納するための形状、
仕様がどうしても必要で
機能性重視にならざるを得ず。

アウトドアファッションじたいが
年々似合わなくなっていて
本当に憂鬱です(- -;)

(C) KaoruF, All rights reserved.


[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-20 18:07 | 大人のファッション | Comments(0)

50代から:楽しい! 捨てなくていい! 生前整理

■まだ使えるものを
 捨てないで楽しく片づける

おもに50代前後から
直面するようになるのが
長く暮らしてきた家の片づけ
(生前整理・遺品整理)。
f0050275_16355073.jpg
古い家に残されている
捨てられないものたち


自力で処分するにしても、
業者に頼んで丸ごと処分するにしても、
捨てるにはお金がかかる時代。

そこで最近、注目されているのが
SNSやネット掲示板で処分する方法です。

数年前、私の実家を両親が片づけた際、
「Facebookとジモティーで
ほとんどのものが無料で処分できた」
とのこと。
f0050275_16371359.png
http://jmty.jp/tokyo


ノコギリ、かなづち、DIY工具、
枝打ちバサミ、炭火焼き用の七輪、
テラスに敷き詰めていたウッドパネル、
床の間の置き石…

どれも家に取りに来てくれる人がいて
ほとんど捨てずにすんだと聞いて
びっくりしました。

■使ってみました。ジモティー

そこで私もジモティーを使ってみることに。

登録は無料。自分の実名や
住所、メールアドレスを知られずに
やりとりすることができます。

無料で譲ることもできるし
自分で値付けして売ることもできます。
オークションサイトのように
入札したり、出品にお金を取られる
ということはありません。

f0050275_16402510.jpg
買いました
(未使用、2つで400円)

f0050275_16410165.jpg
売りました
(未使用、2枚で600円)


売った鍋つかみ↑は、誰かにあげようと
買ったものの、そのまま放置していたもの。

ブームが過ぎてしまったかなあと
躊躇していたのですが
投稿してすぐに決まりました。

■いろいろな人生が
 交錯する面白さ

このサイトの本来の目的は
地元住民同士の交流を
促進することにあるらしく
お互いに顔を合わせて
直接やりとりすることが推奨されています。

私はまだ数回しか利用していませんが
引っ越しや生前整理で
身辺を片づけている人たちや
妊娠中のママなど
いつもの生活では交わらないような人と
一瞬でも顔を合わせて会話することが
面白いと感じています。

人から人へと渡るモノにもまた
いろいろな物語があり
捨てられなくてよかったね!と
話しかけたくなります。笑

★注意点

・サイトの注意事項をよく読んで
 安全な利用を心がける。

・お金のやりとりなので
 額が小さくても
 メールのやりとりや
 領収書を記録として残す。

・個人情報をやたらと明かさない。

・やりとりが終わった後は
 お礼メールを送り
 評価を行うのが礼儀。

(C) KaoruF, All rights reserved.





[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-20 17:07 | 大人のくらし | Comments(0)

じつは人気。着やすい・売りやすいフリーサイズ

「フリーサイズの落とし穴」の続き。
ここからは余談です。

■じつは人気。着やすい!
 売りやすい! フリーサイズ

f0050275_13224910.png
渡辺直美プロデュースの
”プニュズ”
フリーサイズから6Lまでを展開
http://store.punyus.jp/

f0050275_13203477.png
プニュズのサイズ表
フリーサイズは「S〜L」が目安

■フリーサイズが売れる理由とは

・体型を気にしている女性客は
 「お客さまはMサイズです/Lサイズです」
 などとサイズを口にされたくない心理がある。

 (プニュズでも1・2・3・4という表記をしていますね↑)

・日本には堅固なサイズ信仰があるので
 試着でMとLを渡された時に
 Mが入らないと
 「美しさの基準から外れた女」
 と思い込んで打ちのめされてしまう。

・加齢による体型変化は個人差が激しく
 規定のサイズの服にはまらなくなるため
 フリーサイズのほうがきれいに見える場合がある。

 →単に太るというのとは違い、
  下腹部だけが出る、なんとなくシルエットがゆるむ、
  細くなり凹凸がなくなる、背が縮むなど
  変化のしかたが人によって千差万別なので
  MやLとは違った規格へのニーズがある。

・メーカーにとっては多サイズ展開するより
 在庫リスクがなく経費節減になる。

■意味がない!? ”Mサイズ信仰”

「いくつになってもMサイズ」
を目標に頑張っている方も
少なくないことと思います。

が。「Mサイズ」の表記も
メーカーによって
バラつきがあるのが実際のところ。

たとえば海外発の
ファストファッションのMは
日本のLくらいですよね。
だから、ふだんはLの人が
ZARAではMの服が買えたりします。

f0050275_13172792.png
ZARAのサイズ目安表

いわゆるミセス服の業界では
どう見ても「L」サイズのものに
「M」のタグが付いていたりします(@ - @;)

「いつまでもMが着たい」という
ミセスのニーズに応えて生まれた
習わし(?)らしいのですが
知った時は本当にびっくりしました。

■実寸は、服のサイズに合っていく

サイズ表記の話はともかく、
ゆるい服を着れば体型もゆるくなるし、
大きめの服を服を着れば
体も大きくなっていくということを
忘れないようにしなくてはと思います。

服のサイズにとわられず
実寸で勝負(何の)できるよう
無理のない範囲で
努力を続けようと思います。

(C) KaoruF, All rights reserved.

[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-14 13:32 | 大人のファッション | Comments(0)

40代から:「フリーサイズ」の落とし穴

ビッグトップスの流れが来ている今年、
若い世代向けのブランドやショップにも
登場している「フリーサイズ」

「フリーサイズ」はJISが定める
◯cm〜◯cmがMサイズ/Lサイズ
といった基準ではありません。

バストもウエストも、じつにいろいろ。
まさに「サイズ表記がフリー」のものを
意味しているのです。

■「フリー」=
 「どんなサイズの人でも入る」
  ではない

 下のサイズ表記は通販サイトに出ていた
 フリーサイズのトップスのもの。

f0050275_12192277.png
 身幅×2がバストサイズの目安なので
 バストが86cmある人だと
 これはもうジャストフィットな感じです。

フリーサイズは漠然と
「大きめ」というイメージがありますが
実際にはMサイズに近いものから
LL、3Lくらいのものまであるので
フリーサイズの服は
通販で買わないほうが無難ともいえます。

40代以上の女性に特化した通販服は
基本的に大きめに作られているものが多いので
サイズの確認が不可欠です。

実寸に対して大きすぎるトップスは
太く大きく、だらしなく見えるので要注意。

■サイズを見極めるポイントは
 肩幅と身幅

フリーサイズのトップスを選ぶ時は
サイズ表記をよく見ることが大切。

なかでもポイントになるのが
肩幅・身幅。

表記のサイズが自分のヌード寸法と同じなら
着るとパツパツになる可能性。

ヌード寸法が超えている場合は、
入らない可能性が高いです。

Made in Japanに注目

日本のご婦人の体型を
よく研究しているのは
やはり日本のメーカーさんです。

とても優れたフリーサイズのトップスを
作っているところもあります。
f0050275_12253444.png
http://b2b.bell-house.co.jp/

優れたフリーサイズとは…

・サイズはもちろん、素材やパターンも
 身体にぴたっとしないようにできていて
 もっさり体型があらわにならない。

・細めの人が着ると”ゆるかわ”な感じになり
 もっさりな人が着ると
 大人っぽく素敵に見える。

日本製は素材も仕立てもよいものが多いので
じっくり探せば、別人に見えるほど
美しい体型に見せてくれる製品もあります。
(色やデザインが好みに合うかは別の問題)


(C) KaoruF, All rights reserved.






[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-13 12:33 | 大人のファッション | Comments(0)

40代から:若く見える色を知る

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-09 14:45 | 大人のファッション

40代からのリメイク:さよならファーポンポン(マフラー)

■イタイ。恥ずかしい。ファーポンポン

冬のおしゃれ小物として
定番化しているファーポンポン。

30代までなら、人によってはいけるでしょうが
over40となると、さすがにあり得ね〜
という感じ。

■色柄はいいのに、ポンポンが付いている問題

ポンポンが恥ずかしくて
使えずにいたマフラーをリメイクしました。

たまたま旅先で急に気温が下がり
寒さに耐えられず、あわてて
目についた洋品店(?)で買ったもの。

薄いベージュの千鳥格子で
高級品ではないが、いちおうラム・ウール。
フリンジの先にファーポンポンが
合計10個くらいついていました。

色柄じたいは使い回しがきくもので
重めのトップスをやわらげてくれる効果もあるため
捨てるに捨てられず。

リメイク(というかポンポンにさよなら)しました

で、デザインしてくれた人には恐縮ですが
やっちまいました。ざっくりと…。
f0050275_14105823.jpg
なぜか、猫のしっぽを
チョキンとやるかのような
罪悪感。お赦しを…


ポンポンがなくなったら
ストールのように使えて、すこぶる便利♪

なんでもっと早くやらなかったんだろう!!

フリンジにアイロンをかけてみると
意外と切りっぱなしでも大丈夫そう。
f0050275_14115140.jpg
フリンジの長さが
不揃いなデザインになっているので
このあとハサミで同じ長さに揃え、
手芸店で売っている
ほつれ止めで止めて、完成となります。

ポンポンがなければ買うのになあ、
とあきらめている商品も
外してしまえばいいだけ、ということに…。

外したポンポンは
存在じたいがあったかかわいいので
トイレのディスプレイに使うとか(?)
デスクの癒やしグッズ(?)などにいかが。

(C) KaoruF, All rights reserved.

[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-05 14:13 | 大人のファッション | Comments(0)

40代から:ただただ老化する人、しない人

■ただただ老化する人、しない人

日本人の寿命がどんどん延びてきたいま、
同じ80代でも、ホームに入って
お世話を受けながら暮らしている女性もいれば
一人暮らしもふつうにできて、
元気にお友達と旅行に行ったりする女性もいます。

人はいつか老いて死ぬ。
その摂理にあらがうことなく
ただ老いていく というのも
ひとつの生き方でしょうが
私はできるだけ
老化がゆるい人でいたいと思います。

■実年齢以外の年齢が
 老いないように頑張る

年齢には「実年齢」以外に
俗に言う「見た目年齢」や、
「健康年齢」「体力年齢」などがあります。

実年齢に対して
それぞれいくつぐらいか
意識したことはありますか?
(私は見た目年齢しか意識していませんでしたが)

・見た目年齢
見た目でいくつぐらいに見えるかということ。

→ ヘアメイクやファッションで
簡単に変えられる
(方法ひとつで老けたり若返ったりする)。

・健康年齢
医学的な統計に基づいて
血圧、体脂肪、血糖値などの数値から
割り出される健康状態の年齢。
診療科目によって
「肺年齢」「血管年齢」といった指標もあります。

→ 生活習慣とのかかわりが深いので
習慣を変えることで若返る項目もある。

・体力年齢
筋力や柔軟性、平衡感覚など
体力の年齢のこと。
文部科学省が設けている指標で、
「新体力テスト」によって判定します。

→ 運動を習慣づければ
若返らせることが可能。

■何もしないでいると
 身体はどんどん老化していく(っぽい)

暑さがおさまったので
先月から本格的にランを始めました。

まずは片道2kmから。
最初はすぐに足の裏が痛くなり
腿やふくらはぎも張ってしまって
休み休み走る状態。

週2回の4kmランを続けるうちに
脚が痛まなくなってきて
筋力がついたことを体感しました。

そして休まずに6km走れるようになりました。
さらに、坂道や階段も挟めるように。

ありがたいのは
代謝がアップしたということか、
ちょっと寒くても身体が冷えなくなったこと。

走る前は、足首から先が冷えると
痛みを感じるほどだったのが
毛布1枚かければ体温が戻るようになりました。

こうした身体の変化を通して実感したのは
(運動を)何もしないでいると
基礎体力や代謝は
どんどん落ちていくのだということ。

つまり、体力年齢の老化が
ただただ進んでいくんですね。

逆に頑張れば頑張っただけ
体力や筋力がアップしたことを実感できる。

私はやはり、あらがえるうちは
あらがいたいと思います。

足腰にトラブルが出ていない
いまのうちに、できることを
自分のペースで続けていこうと思います(- -)

(C) KaoruF, All rights reserved.






[PR]
# by WrittenbyKaoruF | 2016-12-01 17:14 | 大人のくらし | Comments(0)